世界初の「超々」高齢都市へ~2030年代の東京に、どう備えるか?~データでみる東京の「これまで」と「これから」(「ソシオ・マネジメント」第11号)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

世界初の「超々」高齢都市へ~2030年代の東京に、どう備えるか?~データでみる東京の「これまで」と「これから」(「ソシオ・マネジメント」第11号)

¥550 税込

送料についてはこちら

(1)東京の人口・世帯構成の「これまで」と「これから」 *日本全国はすでに世界初の「超々高齢」国、東京も世界初の「超高齢メガシティ」に *85歳以上は全国平均に比べて緩やかに増加 *2035年までに、高齢者数は増えるが高齢者率が減る区も、急激に高齢者率が高まる区も *すでに2軒に1軒は「ひとりぐらし」 *子どもとの同居世帯も、増加から減少へ *母子・父子家庭は全国平均に比べると少なめ、18歳未満同居世帯のうち12軒に1軒にあたる区も *都全体でも23区でも、すでに11軒に1軒が「75歳以上のみ」世帯 後期高齢者のほぼ3人に1人がひとりぐらし 【コラム】「死亡場所は自宅」は東京が日本一 【コラム】23区では20人に1人、新宿区では10人に1人が、外国人 *「5年前から同じ住所」は約半分 【コラム】持ち家率の低さと居住面積の狭さが、地域への関心・参加を遠ざける? *女性の就業率は、75歳以上は全国4位、配偶者のいる25歳から44歳までは全国最下位 (2)東京の社会保障(福祉・医療)の「これまで」と「これから」 *75歳以上の「要介護3」以上の認定率は全国平均以上 *介護保険事業従事者の「流動性」も、全国平均より高い *生活保護世帯の比率も、全国平均より高い (3)東京の財政の「これまで」と「これから」 *福祉目的の支出(扶助費)は急増し歳出の3割に *医療費・後期高齢者医療費も増加が続く *積立金と地方債・債務負担との差は全般的に大幅に改善しつつ、各区で大きな差 *公共施設の今後の更新・修繕費用は、現在の蓄えでは全く足りない (4)東京の「これから」にどう備えるか? *後期高齢者のみ世帯率の高さと、財政上の蓄えの厚み *各区を、くらしと財政の偏差値で見てみると? *知る・学ぶ、備える、育てる  1.これまでの経過と、今後の見通しを共有する  2.これまでの経過を分析し、今後のシナリオを複数立案する  3.今後のシナリオの分岐点となる判断のポイントを明示する  4.予防的アプローチを推進する  5.地域経営の担い手(人材・組織)と基盤を育てる *東京がめざすコミュニティ ◆「東京みたいになりたい」と憧れられるコミュニティづくりへ ーあとがきに代えてー